とくする。

東京都内のインターネット広告代理店で働いています。お特な情報や興味を持ったニュースを公開しています。

スポンサーリンク

【レビュー】まんがでわかる地頭力を鍛える

f:id:furusato-ouen:20191227111646p:plain

「まんがわかる地頭力を鍛える」を読了。

地頭力を鍛える⇒自分の頭で考える事である。

本の場合、(書籍にするため)文字数が何万文字とあるので、冗長過ぎたり、不要な部分もあるが、この手の本は漫画で読むとストーリー性もあり、著者が伝えたい事もスッと入ってくるので理解しやすい。

以下、まとめ。

「 頭の良さ」とは?(定義)

①物知り ⇒多種多様な知識がある。

②機転が利く ⇒空気を読み、円滑に物事を進める力がある。

③地頭がいい ⇒事実の領域で問題解決していく能力がある。

【地頭力を鍛える】とは、

知的好奇心(原動力)に直観力(攻め)、論理的思考力(守り)の他に地頭力特有の以下の3つがある。

①仮説思考力

~結論から考える⇒最終目的地まで効率的に到達できる。「結論から考える」ことができれば散漫な会議にならずに最終目的地へ効率よくたどり着ける。

②フレームワーク思考力

~全体から考える⇒思い込みを排除し、コミュニケーションの誤解を少なくする。「全体から考える」ことができれば細かい部分にとらわれずに後戻りや思い込み、誤解を少なくすることができる。

③抽象化思考力

~単純化思考力 ⇒一を聞いて十を知る。「単純に考える」ことができれば少なく知識を様々な範囲に応用して新しいアイデアの創造や効率化を飛躍的に図ることができる。

極論として、【地頭力を鍛える】とは自分の頭で物事を考えて問題解決に導く手法を見つけたり、またその思考法である。

これらの地頭力で圧倒的に生産性を上げることができる。

なぜ、自分の頭で考える事が必要か?

・インターネットで情報収集するのは得意で、最新情報にも詳しいが、「あなたはどう思う?」と聞かれると言葉で詰まる。

・完璧主義で全て揃ってから先に進もうとするので、なかなか進捗しない。

・他人の仕事の課題点はすぐに見つけられるのに、自分の仕事は思うようにいかない。

・アイデアは豊富で提案はするのだが、「要するに何が言いたいの?」と言われる。

・「業界の常識」はすぐに出てくるが、発想がそこから抜け出せない。

こういった課題を解決するための考え方が身につく良書である。

【美容】ルベル(LebeL) ナチュラルヘアソープ&トリートメント

f:id:furusato-ouen:20191117012445j:image

大学生の時に一時期、愛用していた【ルベル】「ナチュラルヘアソープ&トリートメント」。

ここ10年はケラスターゼ、この7〜8年はジョンマスター・オーガニックを使っていたけれど、ネットで見つけて、久しぶりに買ってみた。

泡立ちも非常に良く、髪に馴染み、仕上がりはサラサラで匂いも良いです。

当時は学生の自分には高かったのですが、これがAmazonで各720mlのセットで3,600円前後とかなりお得に購入できます。

髪が短い方は1日1回の使用で1年くらいは持つかと思うので、月に300円!とかなりコスパも良く、お気に入りです。おすすめ。

【定番セット】 ルベル(LebeL) ナチュラルヘアソープ ウィズ SW (シーウィード 720ml)& ナチュラルヘアトリートメント ウィズ RP (ライスプロテイン 720g) https://www.amazon.co.jp/dp/B01LALFWOQ/ref=cm_sw_r_cp_api_i_e.b0Db6Y9R761

 

9歳の「神童」、大学電子工学部を卒業へ 世界の有名大学が注目

f:id:furusato-ouen:20191117004804j:image

一般的に成果とは、「質✕(集中した)時間」で決まるが、世界には「圧倒的な努力」の結果という枠には収まらない天賦の才能の持ち主がいる。

www.cnn.co.jp

この記事にもある通り、9歳と20歳ではこれまでの学習量は圧倒的に20歳の学生の方が上だが、記憶として吸収できる脳、すなわちスポンジの様な無尽蔵の脳を持っているとしか説明がつかない。

ウサイン・ボルトにしても、恵まれた体躯に加え、人並外れた努力をした成果だけに留まらない天才が存在する。

ボクシングで成功を収める人から聞いた事があるが、その殆どは素質やセンスで決まるらしい。

こういった天才には必要十分な環境を与えてしっかり育てて、世の中にさらに役立ててもらいたいと思う。

【レビュー】人生が2000%うまくいくハーバードの秘密

「読書の秋」なので読んだ方のレビューを書いてみようと思います。備忘録として。

 

f:id:furusato-ouen:20191103124942j:image

 

「人生が2000%うまくいくハーバードの秘密」

簡単に言うと、ハーバード大学の学生たちが生活一般の中でたたきこまれる、「思考法」「行動の仕方」「習慣のつくり方」が書かれています。

(ハーバード大学はアメリカのボストンにある世界大学ランキング1位の世界で最も知られている一流の大学です)

 

○世界中のエリートが、何年もの時間をかけてまで学ぶエッセンスとは?

○自分の仕事や勉強に、役立つことがあるのか?

○大きな夢をかなえ、桁外れの成果をあげるには?

○自分の個性を磨き、才能を伸ばすコツとは?

○限られた時間の中で、一番効率のいい勉強法とは?

 

ハーバードと聞くと、世界一難しい事を教え、学んでいる場所というイメージがあるかもしれませんが、この本では、誰にでもできる事が9割以上の生きていくうえで大切な事を教えてくれている。

・人の信頼を得るには?

・自分を成長させつづけるためにはどうしたらいいのか?

・お金で困らないために何をするか、しないか?etc

 

「ハーバード」の根底に流れるものは、「自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分で判断し、自分で決断し、結果は自分で責任を取る」ということだと著者は言っています。

 

以下、チャプター

◾︎Chapter1 簡単なのに、今すぐ人生が変わる習慣

◾︎Chapter2 成功は、学力よりも〝心〟(EQ)で決まる!

◾︎Chapter3 ポジティブで「折れない心」をつくる

◾︎Chapter4 桁外れに成長できる「ケースメソッド」

◾︎Chapter5 自分の「壁」を、早くラクに超える方法

◾︎Chapter6 輝く「コミュニケーション力」をつける

◾︎Chapter7 「ビッグな才能」が目覚めるコツ

◾︎Chapter8 ムリ・ムダのない「効率のいい勉強法」

◾︎Chapter9 次々すごい「アイデア」がひらめく頭に!

 

内容を要約すると、自分の頭で考えながら、合理的な判断に基づき、行動している事が挙げらる。主体的に目的的に、自分なりに人生の意義使命、社会での役割を考えながら。

 

例えば、

・時間の厳守→双方の無駄な時間をなくすため

・ランチは少なめに→パフォーマンスを落とさないため

・整理整頓を心がける→探す手間を省くため

・勉強内容に合わせて環境を変える→脳が好む場所へ行く(つまり仕事内容によって空間を使い分ける)

 

自分の学びとしては、

・基本を疎かにしない(振り返る)

・「繰り返し」練習する

・できる事にフォーカスする

・週1回心の燃料をチャージする意識付け

・目線を高めて徹底的にやりきる

・当たり前を疑う

・プレッシャーに弱いのは慣れていないから

・レベルの高い人と接する

・自己投資を惜しまない

・人に教える事で、自分を2倍速で成長させる

・プロ意識を持つ(24時間世界は動いている)

・名著に学ぶ(普遍の人間心理、人生の真理が詰まっている)

・異業種の人とも積極的に交わる

である。

 

特に驚いたことは学力だけではなく、受験者の人間性もとても重視している事(これが社会に出てから成功する一流の人間が多い所以か)

 

その他、有意義で豊かな人生を送る為にさまざまな事に興味を持ち、触れ、本を読んだり、情報を仕入れたりして視野を広げたり、人間関係を大切にする事の重要性が書かれている。

 

コントレックス箱買い

2回目のコントレックスの箱買い。

今回は1リットル×30本。

コントレックスは硬度1,468あり、カルシウムとマグネシウムの含有量が極めて高い。

f:id:furusato-ouen:20191019194720j:image

これまで1週間に一度、近くの薬局で1.5リットルを2本を買っていましたが、他の食料品なども買うとさすがに重いので、ネットで定期的に買う事にした。

先週末の台風19号の時は近くのコンビニやスーパーでもミネラルウオーターが売り切れていたけど、自宅に常備していると何かと便利。

コントレックスはその硬度の高さから、苦みや渋みで周りでも口に合わないと言う人が多いけど、殆ど感じないくらいだ。

カルシウムやマグネシウム、つまりミネラルがの含有量が多いためか肌にもお通じにも良いと実感する。利尿作用も働きやすいので、トイレに行く頻度は多くなるかも。

そんな超硬水なコントレックス、軟水では物足りない人や美容・健康に気を使っている人にはおすすめ。

 

 

 

スポンサーリンク