トクスル。

東京都内のインターネット広告代理店で働いています。興味を持ったニュースや日常生活のお特な情報を公開しています。

スポンサーリンク

【ふるさと納税】※品切れ続出※ JCBギフトカード、Amazonギフト券、QUOカードの登場【静岡県小山町】

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

またまた小山町からお得なギフトカードが提供しています。

 

最近の傾向を見ていると、週末だけの掲載ですね。

掲載期間は、金曜日21:00公開~月曜日5:00みたいです。

 

今回の掲載品は、JCBギフトカード、Amazonギフト券、QUOカードです。

ふるさと納税で史上最強の返礼品の登場です!

還元率は一律40%ですね。

 

JCBカードとQUOカードは初めての掲載の様ですが、やはり品切れや掲載取り下げも時間の問題でしょうか。

f:id:furusato-ouen:20181020122808p:plain

f:id:furusato-ouen:20181020122828p:plain

f:id:furusato-ouen:20181020122846p:plain

 そして、すでにJCBギフトカードは品切れも増えています。

そりゃそうですよね。

 

これからふるさと納税は年末に向けて繁忙期に入りますが、その前に総務省からの各県への通達でかねてからの通知以外にも地場産品以外の返礼品の取り下げを要請していると聞きます。

 

総務省からの通知は、以下の3点です。

ご存知の方も多いですよね。

・金券類の掲載の取り下げ

・返礼品は寄付額の3割以下へ

・地場産品以外の掲載の取り下げ

 

該当する多くの自治体は返礼品の取り下げや寄付額の見直しや修正など大忙しの様です。自治体だけではなく、返礼品を提供している事業者やふるさと納税ポータルサイトの運営会社もバタバタですよね。

知らぬは利用者ばかりなり、と言う事でしょうか。

 

何せ、『言うこと守らないと控除の対象外に様にするぞ』と半ば脅しに近いことを言っていますからね。そりゃ自治体も焦っている訳です。

 

そんな中、小山町は総務省の厳しい目をすり抜けて(?)、週末だけの限定公開でお得なギフトカードを掲載しています。

 

提供しているポータルサイトは、ふるなびとふるプレです。

小山町 ふるなび

小山町 ふるプレ

 

圧倒的な知名度を誇るJCBギフトカードは、全国100万店以上の取り扱い店で使えるギフトカードです。Amazonギフト券は、ネット通販サイトAmazonで利用できます。QUOカードは聞きなれない人もいるかと思いますが、プリペイドカードです。全国のコンビニエンスストアや書店、ドラグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンド、ホテルなどで日常で利用する店舗や施設など全国57,000店で使えます。また、お釣りは出ませんが、残額がゼロになるまで使えます。財布に1枚あれば便利ですね。もちろん有効期限はありません。但し、長い期間、財布などに入れておくと磁気が使えなくなる場合があるのでお早目のご利用が良いと思います。

 

9月は三菱UFJニコスカードを取り扱っていた茨城県境町は、わずか数日で掲載取り下げになりましたので、急いだ方が良いですね。

 

私はかねてからふるさと納税で最強の返礼品は、その圧倒的な知名度と信頼性、取り扱い店舗の多さで『VISAギフトカード』や『JCBギフトカード』だと言っていましたが、ついにJCBカードが満を持して登場しました。しかも還元率40%です。

やっとボスキャラが出たという感じでしょうかね。

 

そして、それらの魅力的な返礼品は、総じてふるさと納税サイトに返礼品として、長く掲載されない傾向です。

総務省や県に反抗しても良い事ありませんからね。束の間の宣伝としては良いかも知れませんが、通知を無視して掲載し続けるとイメージも良くないですからね。

 

以下は、以前にあげた記事です。

www.tokusuru.jp

 

www.tokusuru.jp

 

www.tokusuru.jp

 

皆さんはどのギフトカードを選びますか?

 

私のおすすめは、

日常的なお買い物で利用する場合はQUOカード、百貨店などでまとめて買い物したい方やプレゼントに使いたい方はJCBギフトカード、ネットショップやタイムセールなどでAmazonを利用する機会が多い方は、Amazonギフト券です。

 

個人的にはサラっと財布から取り出して使いたいのでQUOカードを狙いたいと思います。

 

スポンサーリンク